消費者金融の過払い金

過払い金という言葉を広告などでみることができますが、近年過払い金返還請求を行う方が増えています。
この過払い金というのはグレーゾーン金利と表現されることもありますが、主に消費者金融やクレジット会社、さらには大手のデパートが展開しているカードなどを提供している貸金業者において、利息制限法で設定されている上限を超えた状態で取り続けた利息について指しています。
知らず知らずのうちに消費者金融などを使って取られ続けていた利息について、過払い金で取り戻していくことができます。

これは複数の借り入れている方であったり、年収が少なくなっている専業主婦の方においては、利息を返済していくだけでも非常に大変となっています。
なかなか元金についても返していくことが難しいと感じている人も、弁護士などへ相談することで返済した金額の中で払い過ぎた分を戻していくことができます。

キャッシングを利用している人は1400万人以上ともいわれていますが、使った時には利息をどうしても払っていかなければなりません。
そんな中で利息制限法によって、基本的に18パーセント以上に設定して利息を徴収することは絶対に禁止と定められています。
ただ貸金業者によって、この制限以上の利息を取っていたこともあり、かねてから問題になっていました。
裁判も多くなっており、近年貸金業者が利息制限法の範囲外で徴収された過払い金について、利用者へ返還すべきという判決が出て、ようやく返還できるようになってきたのです。

Copyright © 2014 消費者金融の過払い金ってなに? All Rights Reserved.